Now Loading...

Now Loading...

映画『ももいろそらを[カラー版]』公式サイト

シネクイント 6/18(金)『ももいろそらを』カラー版公開記念舞台挨拶決定!
カラー版公開記念感想ツイートキャンペーン
映画『ももいろそらを[カラー版]』
監督 小林啓一 コメント 池田 愛(川島いづみ役)コメント
佐倉絵麻さんと高杉真宙さんから
『ももいろそらを』カラー版にコメントをいただきました!
佐倉絵麻 コメント 高杉真宙 コメント
ももいろそらを [カラー版]について
小林啓一

 「ももいろそらを」はモノクロ作品ですが、元々はカラーで撮影をしていました。モノクロで撮影してしまうとコントラストがきつくなってしまい、狙っていた柔らかな階調が表現できなくなってしまうのではないかと恐れていたからです。撮影部がいれば、そんなことはなかったと思いますが、当時はとにかく全て自分でやるしかなかったので、そのような選択をしました。
 東京国際映画祭で賞をいただいてから、ちょうど十年が経ちました。カラー版の制作は、その節目で素材を整理していた事がきっかけです。ハードディスクの奥の方に、カラーで編集したものを見つけました。
 公開当時からカラー版の要望は度々ありました。しかし、「未来からみた今」というコンセプトからモノクロという意思が絶対であったため、カラー版を公開することは決してないと思っていました。
 が、改めて見直してみると、登場人物たちが実に生き生きとしており、被写体との距離感がぐっと縮まったように感じました。モノクロでは出せない色の情報が身近に感じさせてくれたのもしれません。そして何より、僕自身の映画への憧れがいっぱいに詰まっていました。十年という月日が経ち、少しこなれてきた自分が叱咤されているような、そんな気分にもなりました。
 十年前はモノクロで現在はカラーという少し説明しづらい不思議な感覚(映像体験というのでしょうか?)を、皆様に味わっていただけたら幸いです。十年越しの公開の機会を作ってくださった方々に感謝です。本当にありがとうございます。

 

 カラー版は、「未来からみた今」というコンセプトを外したため、冒頭の主人公、いづみの言葉をカットしました。「色褪せない今」をコンセプトにグレーディングをし直しました。カラーだったら、こうしようと当時頭の中でと思っていたことを再現しました。十年前の自分が撮影し、十年後の自分がカラコレしたという何とも言えない感覚でした。

池田 愛 (川島いづみ役)

 約10年前の出演作なので当時は本当に演技経験も未熟で責任感と根拠のない自信だけで突き進んでいたありのままの姿が正に主人公と重なって、演じると言うよりほぼ等身大の私でした。
主人公川島いづみのとある記憶としてのモノクロ映像から時を経てカラー版の映像になることでリアルさがプラスされたパワーアップバージョンとしてお楽しみいただけたら幸いです。
 今時の高校生だけどちょっと変わった登場人物たちそれぞれの正義感や世間に対する思いなど、現実に一生懸命に自己流で向き合おうと頑張る青春時代の物語です。

佐倉絵麻さんコメント
(『ぼんとリンちゃん』四谷夏子役)

「色褪せない今」を確かに感じました。いづみたちと共有する時間と、その時自分の中から湧き上がるものでその瞬間の未来を編み上げていく感覚。今を意識しているだろうか。今この時を一生懸命生きているだろうか。鮮やかなはずの今を、日々の忙しさ、悩み、未来への不安に追われて、私は私自身の今をモノクロにしてしまっていないだろうか。みずみずしく、リアルな世界は私自身の今も鮮やかだと言うことを思い出させてくれました。

高杉真宙さんコメント
(『ぼんとリンちゃん』友田麟太郎役、
『逆光の頃』赤田孝豊役)

『ももいろそらを』カラー版劇場公開おめでとうございます。高校生の頃に見て色を想像していた作品がカラーになって、見ていくうちに記憶から鮮明になっていく映像がまた更に綺麗で改めて感動して台詞の言い回しキレに笑いました。白黒だからこそ素敵だった部分、カラーだからこそ素敵な部分。同じ「ももいろそらを」という作品なはずなのに新しい別の作品に生まれ変わったこの作品を見ることが出来て嬉しいです。小林監督とまた作品作りの面白さを感じたいです。

Introduction
第24回東京国際映画祭(日本映画・ある視点部門 作品賞受賞)での鮮烈なデビューから10年。『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』、『殺さない彼と死なない彼女』と、一貫して思春期の少年少女たちの心の機微を静溢な映像美と共にすくい上げてきた名手・小林啓一監督の原点『ももいろそらを』が[カラー版]としてスクリーンに帰ってきます。
Story
ある日、川島いづみは大金の入った財布を拾う。中に入っていた学生証をたよりに、その財布の持ち主に返すはずが…。いづみ、友達の蓮実と薫、そして財布の持ち主・佐藤。財布の中に入っていたはずのお金を介して、彼らのいつもの日常に小さな変化が訪れた――。
ももいろそらを [カラー版] 監督・脚本・撮影:小林啓一
出演:池田愛 小篠恵奈 藤原令子 高山翼 / 桃月庵白酒
制作担当:松嶋 翔 録音:日高成幸
制作協力:フルモテルモ 製作:マイケルギオン
2020年製作/113分/2chステレオ/ビスタサイズ
宣伝:平井万里子 配給:フルモテルモ
『ももいろそらを』(オリジナル モノクロ版) 2011年製作/2013年1月劇場公開
第50回ヒホン国際映画祭 グランプリ受賞
第24回(2011年)東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門 作品賞受賞
サンダンス映画祭2012ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門正式出品
第41回ロッテルダム国際映画祭ブライトフーチャー部門 正式出品
予告編
劇場情報
地域 劇場名 公開日
東北 宮城 チネ・ラヴィータ
小林啓一監督特集上映 あり
7月16日(金)~
関東 東京 渋谷シネクイント
小林啓一監督特集上映 あり
6月18日(金)~
中部・北陸 愛知 ミッドランドスクエア シネマ
小林啓一監督特集上映 あり
6月18日(金)~
関西 京都 出町座
小林啓一監督特集上映 あり 6月18日(金)~
6月25日(金)~
大阪 第七芸術劇場
小林啓一監督特集上映 あり
6月19日(土)~
九州・沖縄 宮崎 宮崎キネマ館 近日上映
©2020 michaelgion inc. All Rights Reserved